セフレは茨城で短歌を作った

セフレ部屋でそれを見て、心を突き刺した短歌を見た。

見ながら聞いただけです。

気持ちいい言葉だから?

短歌を作った時の光景が自然に思い浮かびます。

セフレ影響を受ける人向け。
認知症の母親と一緒に住んでいる母親。

誰かが短歌を書いていた。

この考えのどこかに?
広島県枝田島の青年の家で、新入社員研修中に母親宛の手紙を読んだ海軍将校の気持ちに似ている(T_T)

私のセフレの誰かが書いた手紙に驚かされました。その後まもなく30年以上経ち、しばらく生きていたと後悔しましたが、生きたいと思っていたのに叶わなかった人がいて恥ずかしいですか?申し訳ありません?今何ができるかを探して、再び転覆する現状で
私は頭を包んだ(T_T)

昭和初の昭和からの想い。
毎日私にできることを探しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です